女性と出会える場所

女性と出会う方法10選|それぞれにメリット・デメリットがあります。

「女性との出会いがない・・。」

「どうすれば女性と出会えるの?」

このように嘆いているかもしれませんが、実は女性と出会う方法はたくさんあります。

この記事では女性と出会える方法を列挙していきます。

また、私の経験から「それぞれの出会い」のメリット・デメリットもお伝えします。

学校、職場

メリット①:高い会話力がなくても付き合える

接触回数が多いこともあり、普通に生活しているだけで自然と仲良くなれます。

また、女性にとって「学校や職場=良い出会い」なので、そこまで高い会話能力がなくても交際できます。

 

デメリット①:心理ブレーキになる要因が多い

コミュニティー内での恋愛には障壁となることが多々あります。

・他人の目があるので男女ともに恋愛に積極的になれない

・破局後には気まずい雰囲気になること必至

・上手くいかなかった場合、学業や仕事に少なからず支障が出る可能性あり

このような要因が心理ブレーキとなり、男女ともに慎重にならざるを得ない状況です。

 

デメリット②:複数の女性にアプローチすると「チャラ男」にされる

学校内で複数の女性と交際すると、たとえそれが二股でなくても「チャラ男」のレッテルを貼られる可能性があります。

(大学時代のエピソード)

私は国立の看護学科だったので周りは女性だらけ(男女比3:80)でしたが、とても自由恋愛という雰囲気ではありませんでした。

また、同じコミュニティー内は情報の伝達速度が極めて速いので、「社会的にこうあるべき」という規範外の行動を取るとまるでゴミムシのように扱われます。

1個上の先輩はクラスの女子2人と付き合った(二股ではない)だけで、卒業まで「チャラ男」のレッテルを貼られてしまいました。

一度チャラ男のレッテルを貼られると「組織内での価値」が下がり、他の女性の意思決定に大きな影響を及ぼします。

 

デメリット③:好みの女性が出現しなかったらその時点で終了

そもそも女性が少ない学校や職場では好みの女性が出現しません。

たとえ好みの女性がいても、ピンポイントでその女性を狙うにはそれなりのテク(&リスク)が必要です。

非モテくん
非モテくん
学校や職場ってデメリットも多いんだね。

モテオくん
モテオくん
特別なアクションが必要ないから(恋愛初心者には)楽だけどね。

「学校や職場での出会い」は一番良さそうに思えますが、実は様々なリスクがあるのです。

こう言っては何ですが、その他の出会い(ナンパやアプリなど)で「練習」してからの方がよほどチャンスをものにできると思いますよ。

 

友人からの紹介

メリット①:距離を縮めるのが簡単

恋愛前提の紹介であれば、女性もその気で来るのでLINE交換やデートは簡単にできます。

また、友人(女の方が良い)が味方に付いてくれると、男性の恋愛レベルが低くても付き合える可能性が高まります。

モテオくん
モテオくん
第三者からのアドバイスに影響される女性は多いからね。

さらには、この紹介も女性のいう「質が高い出会い」なので真剣交際に発展する可能性はあります。

 

デメリット①:イメージと違ったら面倒

指名した場合を除き、好みの子と出会える確率は低いのが現状です。

また、実際には「想像していた性格と全然違う・・。」ということもあります。

こんなとき、すぐに損切りして次に行きにくいのが難点です。

非モテくん
非モテくん
友達は何人も紹介してくれないよね・・。

モテオくん
モテオくん
まぁ多くて2~3人くらいが限度だろうね。

 

サークルや趣味、習い事

(画像入れる)

メリット①:最初の入りは簡単

同じコミュニティーにいるので、自然な話しかけができます。

また、「話題が見つからない・・」ということも少ないのがメリットです。

 

デメリット①:関係を深めるのは意外と面倒

学校、職場と同じような「心理ブレーキ」があります。

・他人の目があるので男女ともに積極的になれない

・定期的に会うことになるので、破局後は気まずくなること必至

・上手く行かなかった場合、サークル活動に支障が出る可能性あり

これらはコミュニティーである以上は避けられないデメリットです。

 

デメリット②:好みの女性がいるか不明

サークル内に好みの子がいるかどうか分からないという問題もあります。

いなかったらその時点で終了です。

 

デメリット③:競争相手の存在

たとえ好みの女性がいても、同時に競争相手(♂)が存在することもあります。

(大学時代のエピソード)

私は軽音楽部にいましたが、1人のメスを複数の雄(先輩たち)が取り合って泥沼状態でした。

このように同じコミュニティーの中でメスを取り合うのはかなり面倒です。

個人的には、その辺でちょっと声を掛ければ知り合える女性を取り合って趣味活動を台無しにするのはもったいない気がしますね。

また、女性との出会いを目的に様々なコミュニティーに入るのは(時間・お金の面から)非効率的だと思います。

 

マッチングアプリ

メリット①:失敗しても大丈夫!

何のしがらみもない出会いなので、女性との関係作りに失敗しても日常生活に支障はありません。

学校や職場といったコミュニティー最大のデメリットがないのは最高のメリットですね。

 

メリット②:同時に複数の女性を狙える

女性同士のつながりがないため、同時に複数の女性にアプローチできます。

モテオくん
モテオくん
複数の女性を同時に狙うのは恋愛の基本だよ!

この「簡単に数を打っていける」のはアプリ最大のメリットといえます。

 

メリット③:女性も出会いに積極的

女性も彼氏候補を探しているのでLINEでのやり取りやデートに持ち込める確率が高いのが特徴的です。

(注意)アプリによっては業者やカネ目当ての女性がいるので注意しましょう。

 

デメリット①:お金がかかる

無料アプリは業者やカネ目当ての女の巣窟になっているため危険です。

*この場合、メッセージのやりとりに移行したらすぐにお金の話になります。

マッチングアプリを使うならしっかり月額料金を払って、安全な出会いを求めた方が賢明です。

そういった「不純な目的」の女性を避けるためには〇〇というアプリがおすすめです。

このアプリは東証一部に上場している企業が24時間体制で運営しており、業者やお金目当ての女性を排除しています。

 

デメリット②:労力がかかる

会うまでのLINEのやり取りが面倒です。

ただ、ここは「女性とのLINE経験を積む」と考えていきましょう。

 

デメリット③:写真だけでは分からない

最近の写真は盛りまくってあるので実際に会ってみるまで女性の容姿は分かりません。

写真は良くても現場に行ったらゴリラが待っていたという報告をよく聞きます。

 

最近はSNSを通じて知り合う人が増えています。この流れは今後さらに拡大するでしょう。

 

イベント、パーティー

(画像入れる)

メリット①:向こうも乗り気

街コンなどのイベントなら女性も出会い前提なので誘いやすいです。

*ただし、たまに出会いをビジネスに利用している女性がいるので注意が必要です。

女性からの誘いに乗るのは(楽ではありますが)止めた方が良いでしょう。

非モテくん
非モテくん
女性から誘ってくれたら楽なのに・・。

モテオくん
モテオくん
誘うのは男の役目だよ!

 

デメリット①:お金がかかる

出会い目的のイベントには参加費がかかります。

女:無料

男:3,000~5,000円

*これくらいが相場です

主催者がセッティング料金を巻き上げてくるのは仕方がありません。

 

デメリット②:時間がかかる

1つのイベントで1~2時間は消費します。

しかも時間が決まっているので自由に行動できません。

 

デメリット③:好みの子と出会えるか不明

女性のレベルは保証されていません。

また、少なからずサクラがいる可能性も考慮すべきでしょう。

 

旅先

メリット①:失敗しても大丈夫!

女性との関係作りに失敗しても日常生活に影響はありません。

また、女性が非日常を求めている場合が多く、会話成立の確率は高いといえます。

 

デメリット①:会話力が必要

初対面の女性と短時間で深い関係を構築する会話能力が必要です。

 

×:うまくいっても日常に戻ると遠距離になるのが面倒

 

とエスコートする必要がある

たまたま好みの女性がいる確率は低い

→偶然いたらトライするくらいで良い(わざわざ旅行して探すのは非効率的)

 

野外フェス

(画像入れる)

 

メリット:

 

デメリット:

 

 

街中(ナンパ)

(画像入れる)

 

メリット:

〇:好みの女性にアプローチできるうえ、ミスっても3秒でなかったことになります。(都会の匿名性)

複数の女性にアプローチしても(女性同士のつながりがないため)あなたの価値は下がりません。

 

デメリット:

×:極めて高い会話能力と段取り良く女性をエスコートする必要があります。

我流でやるのは非常に難しい(ほぼ無理)ので専用教材での学習が必要です。

*YouTubeで我流アプローチを聞くことができますが、どれもひどいものです。

・カフェや飲み屋に誘おうとする思いが強すぎて、(女性を楽しませるための)会話をする意識が薄いのが特徴的です。

ひどい人はいきなり「カフェ行こうよ」「LINE教えて」の連発ですが、これでは絶対に上手く行きません。

 

ちなみに私は↓で学習しました。

 

ナンパアプローチの方法を知れば、道端でも店内でも好みの女性がいれば気軽に話しかけていけます。

出会った女性との関係性もこちら(男性側)でコントロールできるので、突発的な出会いは最高ですよ。

 

ただし、学習には多少のお金と時間が必要ですし、初心者の頃はミスだらけです。

イバラの道でも絶対に好みの女性と付き合いたいという場合の有力候補です。

*ちなみに私は女性との会話方法もこの教材をメインに学習しました。

結局のところ会話能力が高い男性が恋愛市場を独占するので、どのような出会いを求めるにしても「会話技術」は絶対に学んでおいた方が良いですよ。

 

近所、幼馴染(おさななじみ)

(画像入れる?)

マンガの世界ではよく見かける設定ですが、あまり現実的ではないでしょう。

 

さらには、これから幼馴染を作るのは無理がありますね・・。

 

お見合い、結婚相談所

(画像入れる)

 

メリット:

〇:相手女性もパートナーを探している前提でほぼ確実に会話に持ち込める。

結婚意識が高い女性が多いので、彼女化するのは比較的簡単です。

 

デメリット:

×:お金がかかる

好みの女性を選べない

 

 

カフェ

メリット①:失敗しても大丈夫!

はじめに言っておくと、カフェアプローチは失敗しても大丈夫です。

日常生活に何の影響もないので、思い切って話し掛けてみましょう。

 

メリット②:会話成立しやすい

適切な声掛けをすれば会話が成立する確率はかなり高めです。

完全無視率は低いので挑戦する価値はありますよ。

 

デメリット①:高い会話力が必要

初対面の女性との会話を盛り上げるトーク力が必要です。

学校や職場レベルの会話力では厳しいので、会話の学習が必要かと思います。

 

デメリット②:

 

1人でカフェにいる女性を見かけたら知り合うチャンスです。

声掛けしたら早い段階で誰かとの待ち合わせかどうか確認しておきましょう。

*男との待ち合わせならLINE交換してサッサと退散しましょう。

 

店員に話しかける

(画像入れる)

メリット①:必ず会話できる

会話は必ず成立するので世間話くらいは簡単にできます。

 

 

デメリット①:難易度が高い

簡単そうですが意外と難しいのが「店員の彼女化」です。

・コンビニ

・ショップ

・飲み屋

・キャバ

*居酒屋やキャバ嬢の彼女化の方が成功確率が高めです。

数を打てばアタリは出ますが、ピンポイント狙いは結構苦戦すると思いますよ。

 

デメリット②:よく行く店なら後が面倒

よく使う店であればミスった後が面倒になります。

一種のコミュニティー的な性質を持っているので、やるならあまり使わない店がおすすめですね。

 

クラブ

(画像入れる)

メリット:

デメリット:

 

ボランティアに参加する

(画像入れる)

メリット①:失敗しても大丈夫!

何のしがらみもない出会いなので失敗しても問題ありません。

 

デメリット①:効率が悪い

出会い目的での参加はかなり非効率的です。

・好みの女性がいるか不明

・会話できる時間があるか不明

どう考えても他の方法にした方がベターです。

(効率的にも)ボランティアにはボランティア目的で参加することをおすすめします。

 

本屋

メリット①:失敗しても大丈夫!

たとえアプローチに失敗しても、同じ女性とはもう会わないので何の問題もありません。

ノーリスク・ハイリターンなのは書店アプローチの魅力です。

 

メリット②:好みの女性を選べる

好みの女性にだけアプローチすれば良いので効率が高い

 

メリット③:会話イメージの時間がある

立ち読みしている相手なら、「どのように話しかけるか?」を考える時間があります。

30秒あれば会話イメージは

 

デメリット①:高い会話能力が必要

書店アプローチ成功のためには高い会話能力が必要です。

おそらく我流ではムリなので専用の会話教材で学ぶことをおすすめします。

 

ちなみに、「本屋で仲良くなれるわけないよ・・。」と思う方は、まっちさんの「【ナンパ音声】書店内OLからLINEゲット」というYouTube動画を見てみましょう。

この会話パターンは岡田尚也のTAVで紹介されていますが、女性としっかり会話成立しているのが分かります。

非モテくん
非モテくん
女性は楽しそうに話してるね!

モテオくん
モテオくん
ペンギンアプローチは有名だよ!

書店で立ち読みしている女性を見かけたら知り合うチャンスです。

この方(まっちさん)レベルの会話ができれば、「カフェ連れ出し→彼女化」は十分可能です。

 

100円均一

(画像入れる)

メリット①:ノーリスク・ハイリターン

 

メリット②:好みの女性を選べる

 

デメリット①:学習&高い能力が必要

彼女化までの流れを学ぶ必要あり

高い会話力&エスコートが必要

 

ちなみに、「100均で仲良くなれるわけないよ・・。」と思う方は、〇〇さんの「」というYouTube動画を見てみましょう。

これはいわゆる「誠実系アプローチ」というやつです。

 

100均には意外とかわいい子が多いのでアプローチ方法を知っておくと役立ちますよ。

 

バス停

〇:

×:

 

ドン・キホーテ

メリット:ノーリスク・ハイリターン

好みの女性を選べる

ミスっても問題ない

デメリット:学習&高い能力が必要

彼女化までの流れを学ぶ必要あり

高い会話力&エスコートが必要

 

ドラッグストア

(画像入れる)

メリット:ノーリスク・ハイリターン

好みの女性を選べる

ミスっても問題ない

デメリット:学習&高い能力が必要

彼女化までの流れを学ぶ必要あり

高い会話力&エスコートが必要

 

合コン

〇:会話できる環境が整っている

×:好みの子と出会える確率が極端に低い(ハズレたら2時間は浪費する)

他の男(ツレ)と雌の取り合いになる可能性も高い

つまり、時間とお金がかかる(1回3,000円以上)ことに加え、競争相手もいるのでコスパは低いと思いますよ。

ちなみに↓

 

 

出会いや彼女は偶然できるのではなく、「自分で作り出すもの」です。

とくに好みの女性を狙って彼女化するためには正しい知識が必要になります。